折々の言葉
羽仁もと子著作集より

乳幼児を持つ母の会友の会アルバム生活のワンポイント折々の言葉
活動紹介料理教室洋裁教室友の会とは会員のページ入会案内・友の家リンク
2010/4月  5月 6月 7月 8月  9月  10月  11月 12月  2011/1月  2月  3月
2011/4月 5 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2012/1月 2月 3月
2012/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  2013/1月 2月 3月
2013/4月 5月 6月 7月  8月 9月 10月 11月 12月 2014/1月 2月 3月
2014/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2015/1月 2月 3月
2015/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2016/1月 2月 3月
2016/4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月  11月  12月 2017/1月 2月  3月
2017/4月 5月  6月 7月  8月 9月 10月 11月  12月 2018/1月    
    2018/2月
           
生活費とその予算
◎一家の経済を持っていく心得・・・・すなはち金をつかうのに、魂がなければならん。世間の人の金を使う流儀にはいろいろありますが、流儀のいかんにかかわらずそれに魂の入り方の十分と不十分とで、その人の家計の健全と不健全との度合いがわかれるのだと思います。
 ◎次に私は一家の財政を健全にするためにことに必要なのは、一切の収支を明瞭(めいりょう)にして、つねに一円たりともあいまいのないようにしておくことだと思います。
 ・・・・・
◎衣食住のむりな倹約をすすめるのは、まことにしのびない話でありますが、しかし返すあてのない借金をして、滋養物を食うよりは、塩をなめても世間の不振用を買わない方が、ただにみずからいさぎよいばかりでなく、その人の前途のためにも幸福です。
それゆえ私はたとい余裕がないにしても、月々収支の決算のはっきりと分かってるいる家ならば、すでにその家の財政は健全であるといって差しつかえないと思います。これに反してたとい収入が多くとも帳簿づけのあやふやになっているいえは、それ自身財政不健全のシンボルです。・・・・・略
 豊かな心で
 底にしまりがあって、豊かな心持ちで一家のけいざいをしていくことのできるのは、理想的の家計上手というものでしょう。
羽仁もと子著作集・第九巻・家事家計篇生活費とその予算より:抜粋
 

一日の電気使用量をグラフで表しました。
戻る