折々の言葉
羽仁もと子著作集より

乳幼児を持つ母の会友の会アルバム生活のワンポイント折々の言葉
活動紹介料理教室洋裁教室友の会とは会員のページ入会案内・友の家リンク
2010/4月  5月 6月 7月 8月  9月  10月  11月 12月  2011/1月  2月  3月
2011/4月 5 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2012/1月 2月 3月
2012/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  2013/1月 2月 3月
2013/4月 5月 6月 7月  8月 9月 10月 11月 12月 2014/1月 2月 3月
2014/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2015/1月 2月 3月
2015/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2016/1月 2月 3月
2016/4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月  11月  12月 2017/1月 2月  3月
2017/4月 5月  6月 7月 8月 9月 10月 11月  12月 2018/1月 2月   3月
2018/4月  5月  6月 7月  8月 9月            
    2018/10月
           
秋 の 深 さ
秋の深さを(たれ)か知る。
高い城壁を(いろど)(つた)かつら、小さいあかい一つの葉が、ゆるく(しず)かに散って来る。秋の野を小川が走る。さらさらと、ことことと、その行く先を楽しむように。
野分(のわき)の風が雨戸を(たた)く。人は燈火(ともしび)の下にもの思う。
瀑布(ばくふ)がかかる、とうとうと。草も木も岩も木の実も、各自にその生命(いのち)をもって、彼の偉大なるひびきと並び立つ。小さな百舌(もず)の声はその声はその鋭さのために、鳴く虫の音はその清らかさのために。
大いなる沈黙の天よ。地にあるすべての声が(なんじ)を語り、汝によって一つになる。
秋の声秋の色、秋が人の国にくるたびに、秋の深さを知れという。
 羽仁もと子著作集・第四巻・思想しつつ生活しつつ(下)・「心境小景」より抜粋
戻る