折々の言葉
羽仁もと子著作集より

乳幼児を持つ母の会友の会アルバム生活のワンポイント折々の言葉
活動紹介料理教室洋裁教室友の会とは会員のページ入会案内・友の家リンク
2010/4月  5月 6月 7月 8月  9月  10月  11月 12月  2011/1月  2月  3月
2011/4月 5 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2012/1月 2月 3月
2012/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  2013/1月 2月 3月
2013/4月 5月 6月 7月  8月 9月 10月 11月 12月 2014/1月 2月 3月
2014/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2015/1月 2月 3月
2015/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2016/1月 2月 3月
2016/4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月  11月  12月 2017/1月 2月  3月
2017/4月 5月  6月 7月 8月 9月 10月 11月  12月 2018/1月 2月   3月
2018/4月  5月  6月 7月  8月 9月 10 月 11月  12月 2019/1月    
    2019/2月
           
母 の ね が い
 * * *
よく教育するとはよく生活させることである
赤ん坊は母の胎内にいるときから、母の生活によって影響され教育されて出てきました。
(いいえ)それより前の父母の生活が、赤ん坊の生命(いのち)の基礎をつくってきました。このようにして生まれ出た赤ん坊がはじめて泣くこと乳をのむことなど、自分自身で出来る少しのことをたねに、その他の大部分を母に助けられて生活しつつ成長しつつ日を過ごしてゆきます。赤ん坊を手塩にかける母親は、事あるごとに彼の肉体をつくり、またその精神をよい方にも悪い方にも導きつつあります。それがすなわち家庭教育、母のする教育です。・・・・・・・
 よい教育をするとはすなわちよい生活をさせることなのですから、その生活のいたって単純な幼児の教育というものは、本気になって気をつければ、子供をさずかっているかぎりの女なら、必ずだれにでも出来ることです。子供を手塩にかけて育てている母親、すなわち子供の生活の助け手であり、またある年齢まではその経営者でもある母親が、子供をよく生活させること、それがよい教育であると深く思いさえすれば、すべての子供が母の愛の手でかならず立派に成長してゆくはずのものだと思います。・・・・・・
 羽仁もと子著作集・第十八巻教育三十年「母のねがい」より抜粋
戻る