折々の言葉
羽仁もと子著作集より

乳幼児を持つ母の会友の会アルバム生活のワンポイント折々の言葉
活動紹介料理教室洋裁教室友の会とは会員のページ入会案内・友の家リンク
2010/4月  5月 6月 7月 8月  9月  10月  11月 12月  2011/1月  2月  3月
2011/4月 5 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2012/1月 2月 3月
2012/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  2013/1月 2月 3月
2013/4月 5月 6月 7月  8月 9月 10月 11月 12月 2014/1月 2月 3月
2014/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2015/1月 2月 3月
2015/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2016/1月 2月 3月
2016/4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月  11月  12月 2017/1月 2月  3月
2017/4月 5月  6月 7月  8月 9月 10月 11月  12月 2018/1月 2月   3月
2018/4月  5月  6月 7月                 
    2018/8月
           
われ 散歩を 愛す
散歩は私の何よりも好むところのものである。私の散歩は健康のためでもない、予定した時間のためでもない、ただ純粋に散歩のための散歩である。
われ 風を愛し雨も 好きだ
 静かに散歩して長い風が吹いてくると生き返った気がする。多くの木々が同じ方向に動いてまたその喜びを表してみせる。部屋のなかの風も涼しいけれど短いのである。喜んで手をふり顔をふる沢山の木がない。もうじきに(こころよ)い秋がくる。その時にいつも吹く風が、「秋風(しゅうふう)吹いて尽きずすべてこの玉関(ぎょくかん)の情」と中国の詩人の吟じている、そうしてそれは現実と全然かけはなれたその情景に、私の思いを運びゆく。女性であるためであろうか、私は特に暴の字がきらいだ。暴雨でないかぎり、雨が降ってもまたよろこんで散歩に出る。
 
 われ 夕 陽(せきよう)を 愛す
 一日の努めを、その日その日の事情にしたがって、少なくとも無事に果たして、沈みゆく夕日の影を追うときに、私のように努める場所も帰る家路も同一なものでも、きょう一日すべての人のために働いてくれた感謝にあまる太陽の後姿を追い求めつつ、安息と慰めに満たされるのである。樹間を()れる夕日の輝き、その静けさに引きかえて、遠き大空の雲井に(うつ)る、(くれない)(はえ)あるものである。
羽仁もと子著作集・第十九巻・友への手紙・「われ散歩を愛す」より抜粋 
戻る