折々の言葉
羽仁もと子著作集より

乳幼児を持つ母の会友の会アルバム生活のワンポイント折々の言葉
活動紹介料理教室洋裁教室友の会とは会員のページ入会案内・友の家リンク
2010/4月  5月 6月 7月 8月  9月  10月  11月 12月  2011/1月  2月  3月
2011/4月 5 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2012/1月 2月 3月
2012/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  2013/1月 2月 3月
2013/4月 5月 6月 7月  8月 9月 10月 11月 12月 2014/1月 2月 3月
2014/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2015/1月 2月 3月
2015/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2016/1月 2月 3月
2016/4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月  11月  12月 2017/1月 2月  3月
2017/4月 5月  6月 7月  8月              
    2017/9月
           
愛と寛容
自分は至らないものだと、だれでも一方では思っていながら、他人(ひと)に対する時は、多くの場合自分一人がよいものであるかのような気になって、他人の不行き届きを不快に思い、心ひそかに咎めだてをしているものです。・・・・・
 世の暗黒な方面について考えてみても、大小すべての罪悪はことごとく他人を憎むこと、少なくとも愛していない冷淡ということから来ています。ひきかえてこの世の光明の側について考えると、すべての幸福が皆われわれの愛と同情から来ているのです。私どもがもしも本当に人を愛することが出来たなら・・・・・それだけ多くわれら(みずか)らが幸福になり、また他を幸福にすることができます。
 
 ただわれわれの心を愛深くすることが、賢い人にも賢くない人にも、一様に一番難しいことなのでございます。
 さてどうして自分から数かぎりない得手勝手をしりぞけて、常に清らかな(あた)たかな愛を(たた)え、どんな時にも、平和にして同情にみちみちた感情をもって、子にも親にも夫にもその他のすべての人にも接することが出来るでしょうか、めいめいに深く祈らなくてはならないことです。わずかに今の私の思い当たっていることは、愛と寛容ということです。私どもを愛に連れて行ってくれる最初の手引きは寛容の精神ではないかと思います。・・・・・
 
 私どもはこの寛容の精神をまず奮い起こすことが出来たなら、やがて愛に至ることが出来るであろうと思います。・・・・・
羽仁もと子著作集・第二巻・思想しつつ生活しつつ・上・愛と寛容・より:抜粋
 
戻る