折々の言葉
羽仁もと子著作集より

乳幼児を持つ母の会友の会アルバム生活のワンポイント折々の言葉
活動紹介料理教室洋裁教室友の会とは会員のページ入会案内・友の家リンク
2010/4月  5月 6月 7月 8月  9月  10月  11月 12月  2011/1月  2月  3月
2011/4月 5 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2012/1月 2月 3月
2012/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  2013/1月 2月 3月
2013/4月 5月 6月 7月  8月 9月 10月 11月 12月 2014/1月 2月 3月
2014/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2015/1月 2月 3月
2015/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2016/1月 2月 3月
2016/4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月  11月  12月 2017/1月 2月  3月
2017/4月 5月  6月 7月  8月 9月 10月 11月  12月 2018/1月 2月   3月
    2018/4月
           
われら友あり
 
散歩の()ととき
われら友ありという気のする時ほど、豊かに楽しいことはない。こうした時を多くもつ人になりたい。われら友ありの高い幸いな感じは、愛する友と顔見あわせて共にいる時よりも、快くきょう一日の仕事も終えて、静かに美しい夕日のなかにただ一人あるような時、またそれと反対に、何となく力なく(かな)しい時につくり出され発見される心持ちである。・・・・・そうして私は多くの友を(おも)う。
・・・・・
ほんとうに人の世は、さまざまな時と所で、ふとしたことから友だちがつくり出される。とはいうものの考えてみると、どこでどうして知り合ってもおん導きの力である。われわれの仕事の背景なしにはいろいろな所にこのようなよき友だちができなかったはずである。知らずにめぐり合い、よき友を見出し、よき友として見出され、楽しい交わりがつづいてゆく。その根本はおのおのの生活おのおのの事業そのものである。・・・・・
羽仁もと子著作集・第十八巻・教育三十年・「われら友あり」より:抜粋 
戻る