折々の言葉
羽仁もと子著作集より

乳幼児を持つ母の会友の会アルバム生活のワンポイント折々の言葉
活動紹介料理教室洋裁教室友の会とは会員のページ入会案内・友の家リンク
2010/4月  5月 6月 7月 8月  9月  10月  11月 12月  2011/1月  2月  3月
2011/4月 5 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2012/1月 2月 3月
2012/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  2013/1月 2月 3月
2013/4月 5月 6月 7月  8月 9月 10月 11月 12月 2014/1月 2月 3月
2014/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2015/1月 2月 3月
2015/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2016/1月 2月 3月
2016/4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月  11月  12月 2017/1月 2月  3月
2017/4月 5月  6月 7月 8月 9月 10月 11月  12月 2018/1月 2月   3月
2018/4月  5月  6月 7月  8月 9月 10 月 11月        
    2018/12月
           
おさなごの心を
* * *
(おさ)な子と大人のちがいはどこにあるのか。赤ちゃんは日が射してくると、光線のくる方に目を向けます。なにか新しいもの、ふしぎなものを見つけると、その方にじっと見入ります。幼な子も同じです。なんでもふしぎなこと、知らないことがあると、無邪気な心で熱心に問いかけます。そうして一生懸命に学びもし成長もしてゆきます。ところがだんだん大人になるとどうでしょう。自分の好きなこと、得になることには目をむけるけれども、外のことには心を閉ざすことが多くなります。
 * * *
今の世の中では、強い人は少しでも力を振るおうとあせる一方、力のない人は不満なまたさびしい顔つきをして暮らしています。
どうしてこういう悲しい世の中なのでしょう。ほんとうは悪気でこういう世の中にしたいと思う人はないけれど、人間の心がかたくなになっているせいです。正直な幼な子の心で考え直してみるなら、人間はだれでも自分たちを支配する最後のものが力でないことを望んでいるはずです。
深い心で考えてみれば、愛と真実のあふれた平和の世界を望んでいない人はないでしょう。けれどその願いを、なかなか先立って実行しようとする謙遜さと勇気をもつ人は少ないのです。
むしろ大多数の人びとが現実の世界についてあきらめに似た気持ちさえ持っています。どしてそうなのかといえば、私たちの正しい願いを育てようとしていてくださる神様を、多くの人が見失っているからだと思います。
神様が人の心の中にある幼な心を導き育ててくださることを忘れているところから来ています。・・・・・
 羽仁もと子著作集・第二十一巻「真理のかがやき」より抜粋
戻る