折々の言葉
羽仁もと子著作集より

乳幼児を持つ母の会友の会アルバム生活のワンポイント折々の言葉
活動紹介料理教室洋裁教室友の会とは会員のページ入会案内・友の家リンク
2010/4月  5月 6月 7月 8月  9月  10月  11月 12月  2011/1月  2月  3月
2011/4月 5 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2012/1月 2月 3月
2012/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  2013/1月 2月 3月
2013/4月 5月 6月 7月  8月 9月 10月 11月 12月 2014/1月 2月 3月
2014/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2015/1月 2月 3月
2015/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2016/1月 2月 3月
2016/4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月  11月  12月 2017/1月 2月  3月
2017/4月 5月  6月 7月 8月 9月 10月 11月  12月 2018/1月 2月   3月
2018/4月  5月  6月 7月  8月 9月 10 月 11月  12月 2019/1月  2月 3月
    2019/4月
           
光 に あ ゆ む
 
野山の美しい時が来た。天地(あめつち)の盛んな時が来た。田園に()むものの幸福を感ずる時が来た。春野(はるの)を行けば人はいまさらのように自然の恩恵を知るときが来た。麦は地に伸び森と林は大空にその嫩葉(わかば)を高くあげて朝ごとに新たな世界を展開する。この驚くべき活動の、音なき静けさの中に絶えず行われていることは、この天地の威厳そのものであり、そうしてまた(きわ)まりなき慈愛そのものである。万物の霊長としてその中に創造された人間の世界も、またそのようにあることが最高の理想でなくてはならない。・・・・・・
******
はじめて一年生になった子供が、母親や先生と約束した時に、おさらいするつもりでも、そこには面倒がある、遊びたい気持ちがある。努力して光に歩む必要がある。寝るべき時に寝ようとしても、もう少し現状のままをつづけていたい(なま)け心がある。母親は賢くそれを助けて子供自身の自覚をもって光にあゆむ決心をするように、つねに光の道を歩むことの値うちと楽しさを体験させる工夫を持つことが必要である。・・・・・
 羽仁もと子著作集・第十九巻・友への手紙「光にあゆむ」より抜粋
戻る