折々の言葉
羽仁もと子著作集より

乳幼児を持つ母の会友の会アルバム生活のワンポイント折々の言葉
活動紹介料理教室洋裁教室友の会とは会員のページ入会案内・友の家リンク
2010/4月  5月 6月 7月 8月  9月  10月  11月 12月  2011/1月  2月  3月
2011/4月 5 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2012/1月 2月 3月
2012/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  2013/1月 2月 3月
2013/4月 5月 6月 7月  8月 9月 10月 11月 12月 2014/1月 2月 3月
2014/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2015/1月 2月 3月
2015/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2016/1月 2月 3月
2016/4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月  11月  12月 2017/1月 2月  3月
2017/4月 5月  6月 7月  8月 9月 10月          
    2017/11月
           
家事整理の根本
家庭生活と労力
収入が一家をささえるとともに、一家の日常生活に、それをささえる労力がなくてはなりません。
・・・・・
一家の日常生活の労力の基礎は、病人でないかぎり老人や幼児でない限り 、自分の身の回りは必ず自分で始末すること。その上にできるだけ家内の労力に寄与したいという思いをもって、事情の許すかぎりをすることです。そうしてそれは幼児にも老人にも出来ることです。赤ん坊には出来ないのですが、それでも母親が気をつけてできるだけ手をかけないで暮らさせるように習慣づけてやれば、それは大きな家内の労力の助かりです。そして赤ん坊のときからそういうふうに育てられていると、成長するにしたがって、手をかけ育てられた子供よりも早く、顔を洗うことも、きものを着ることでも出来るようになり、もう少し成長すると、みずから進んで何かの仕事を手伝うようになるでしょう。
 ・・・・・
一家の労力をすべての家人が分担するように、金銭もまたすべての家人が、それぞれの状態に応じて引き受けて、責任のある良い消費をするのは、一家の人びとの義務であります。 ・・・略
ひとりひとりでよく考えてむだなく暮らすために、ある金をわけてもらうのです。(小遣いという名をつけておいてもよいのですが)すなわち一家の消費経済の一部分を担当するのですから、各家人がそれぞれの領分をよく経営していけば、それによって一家の金銭に対する事務の手数も簡易になり、家計予算も、家人おのおのの力で気持ちよく励行されていくことになります。
羽仁もと子著作集・第九巻・家事家計篇・家庭生活と労力・より:抜粋
 
「田舎のモーツァルト音楽祭」 ひとりひとりがヒーロー
戻る