折々の言葉
羽仁もと子著作集より

乳幼児を持つ母の会友の会アルバム生活のワンポイント折々の言葉
活動紹介料理教室洋裁教室友の会とは会員のページ入会案内・友の家リンク
2010/4月  5月 6月 7月 8月  9月  10月  11月 12月  2011/1月  2月  3月
2011/4月 5 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2012/1月 2月 3月
2012/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月  2013/1月 2月 3月
2013/4月 5月 6月 7月  8月 9月 10月 11月 12月 2014/1月 2月 3月
2014/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2015/1月 2月 3月
2015/4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2016/1月 2月 3月
2016/4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月  11月  12月 2017/1月 2月  3月
2017/4月 5月  6月 7月  8月 9月 10月 11月  12月 2018/1月 2月   3月
2018/4月  5月                     
    2018/6月
           
我々の住む所
 家庭と社会との通路に、二筋のみちがあります。一つは社会のほうから、一つ一つの家庭に、ありのままの事情や出来事や新しい知識を送り込む道で、いま一つは我々の家庭から社会に向かって、(あたた)かい空気と清らかな風を送り出すみちです。この我々の家庭から出て行く温かさと清らかさは、日々我々の家庭(いえ)の中で営まれる、親子夫婦の中にあるところの、よい正しい生活から生まれでるものです。・・・・人生における家庭の使命は、実に大きな公なものであります。
 
 一つの家庭(いえ)を本当の意味で、正しく明らかに愛深きものに成長させて行くこと、それが出来る人は大人物です。・・・・主婦一人で作って行くものだとは私は決して思いません。中心人物は主婦であっても、夫も子供も、この大切な家庭に対して、それぞれ責任の立場を受け持っている一人一人です。・・・・・
女ばかりでなく、男も子供も、一人一人が自分たちのつくったよい家庭に、毎日楽しみ勇んで住むことができるように、社会というわれわれ全体の住む所は、この一つ一つの家庭に清く住み、正しく育って来た人の集団であることによってのみ、よき住家(すみか)となり得るからです。そうしてこのよき住家(すみか)明るい社会は、我々の手でつくるエデンであります。・・・・・
羽仁もと子著作集・第十六巻・みどりごの心・「我々の住む所」より抜粋 
戻る