生活のワンポイント

乳幼児を持つ母の会友の会アルバム生活のワンポイント折々の言葉
活動紹介料理教室洋裁教室友の会とは会員のページ入会案内・友の家リンク










    生活のワンポイント
    生活のワンポイント
24年2月
プランターで野菜をつくりましょう 
 培養土について
  1. 土を購入する時は野菜用の土で、できれば高価なもののほうが安心です。花用の土は色々な不純物が入っているので野菜には適していません。
  2. プランターで1年使用した土は、透明で厚めなビニール袋へ入れ、口をしっかり閉じ、直射日光に当てると夏は1カ月、春・秋は3カ月くらいで袋内の温度が上がり、殺菌されます。その土に完熟堆肥、
    再生材等を入れると再び利用できます。できれば、同じ土に毎年同じ野菜を作らない方がよく、1年交替にしましょう。【再生材=腐葉土・・・パーク堆肥、パーライト等が入っています】
 培養土の入れ方    1. プランターの鉢底にネットを敷き、その上に底が見えない程度にゴロ土(軽石)をいれる。
   2. 水やりスペースにプランター上縁から2〜3cmまで培養土を入れ土の表面を平らにする。
   3. 再生材は標準型プランターの場合約1リットル混ぜる。肥料入りの場合は元肥は必要ありません。
 種まき  プランター【20×65×20p程度標準型】 種は、ばら蒔きする。発芽したら順次間引きしていく。
(トマト・きゅうり等、実を収穫する野菜などは、深さのある大きなプランターを選ぶ)
標準型「プランター」へ 種まき例                               
 品 種 間 隔  間引き・堆肥(元肥)  収 穫 
 20日大根  幅間隔:3列
株間:3〜4cm
本葉3〜4枚で1回間引く
本葉5〜6枚で2回目間引く
化成肥料 10g
 30〜40日
 ベビーリーフ  幅間隔:3列
株間:3cm
双葉が完全に展開したら間引く
化成肥料10g
 
17日〜20日
葉が、10cmぐらいのところでハサミで収穫する。
 春菊
幅間隔:2列
株間:5〜6cm
 
 本葉2枚の頃、3cm間隔に間引く
根元へ土寄せ、1週間後2回目の間引き
化成肥料10g
 草丈20cm〜25cm
土から4〜5cm上の根元に近い脇芽を残しハサミで収穫。しばらく繰り返し収穫出来る。
 ルッコラ(ロケット)  幅間隔:2列
株間:5〜6cm
 本葉4〜5枚のころに間引く
化成肥料10g
40日〜50日
花も食用 
 小松菜  幅間隔:2列
株間:5〜6cm
本葉3〜4枚で一回間引き株元に軽く
土寄せ。
化成肥料10g 
草丈20cm〜25cm
花も食用 
                                               参考・・・野菜ガイド参照
 水やりは、土の表面が乾いたら、朝たっぷりとやる。
 葉の色が薄くなったら1000倍の液肥を与えます。

           

2011年度
カビの話
































 じめっとした梅雨の季節も、日毎蒸し暑さが増していよいよ到来ですね。この時期悩まされるカビのお話をすこし・・・・・・
  
         
梅雨の湿り気で家の中にカビを発見することはありませんか?浴室の黒いカビは油断できませんね。

カビ(真菌)の仲間には、私たちになくてはならない、パン、味噌、チーズ、薬、などに欠かせない酵母菌のような貴重なカビがあります。

一方皮膚から侵入して水虫みたいな病気を引き起こすもの、アレルギーで喘息や過敏性肺炎になるもの、抵抗力が弱っている人には呼吸器、神経系の病気を引き起こす原因になるものもあります。

そんな悪いカビを繁殖発育させる絶好条件は、栄養・水分(湿度70%)・酸素・温度(20℃)です!今まさにその季節到来です。

悪いカビの予防と対策・・・・・
基本的には空気がドライなのがいいですね。雨降りの湿度の高い中、室内で換気扇をつけっぱなしはよくないですね。
洗濯物の部屋干しも悪条件。雨降りでも軒下なら風が当たるので室内干しよりましと言われています。やむを得ず室内干しなら、扇風機を回すと早く乾き、カビの発生を防げます。

以前ご紹介したアロマオイル(ティーツリー)の中にカビ予防に使えるものがありますので簡単にご紹介します。
ティーツリーのオイルの成分にはシネオールやテルピネオールという抗菌、殺菌作用成分が豊富に含まれています。

ティーツリーオイルの使い方
 ☆洗濯の際、洗剤に2滴、重曹も少し入れるとにおい消しにもなります。

 ☆水拭き掃除にもバケツ等、水の容器に一滴入れます。
  ○キッチンでは冷蔵庫から調理器具、調理台周り床まで拭きます。
  ○玄関の靴箱、 床拭きに。 
  ○部屋は、押し入れ、サッシ、床拭きに。
  ○畳の中にもカビは潜んでいますので畳もぜひ拭いてみてください。
  ○トイレもすっきりと拭けます。


オイルは、デパートや、ハーブセンターなどに置いてあります。

このページ、トップのアロマオイル検索していただくと、夏を元気に過ごすハーブを紹介しています。夏の虫対策とか、さわやかなドリンク、ハーブティーなどご参考にどうぞ。

                      
 戻る