友の会アルバム        

乳幼児を持つ母の会友の会アルバム生活のワンポイント折々の言葉

活動紹介料理教室洋裁教室友の会とは会員のページ入会案内・友の家リンク
   
 
  2017・夏やすみ子ども生活講習会開催しました。***7月28日(金)***
 
  自分でできることを ふやそう !
  内容
★* 読書【子ども読本】『力は出るもの 出せるもの』 
::感想::面白くてもう一回読みたいです。::こういう考え方をしたことがなかったので、とても自分のためになりました。
★*料理::三色ごはん・野菜もみ・すまし汁・ゼリー
::感想:三色ごはんがおいしかった。::スパークリングゼリーがプチプチしていておいしかった。
::包丁がそんなにこわくなくなりました。::皆で作って楽しかったけど、難しかった。
★*工芸::「和紙を染めてハガキを作る。
::感想:心に残ったことは、和紙を染めること。きれいにできてよかった。::オリジナルのハガキができてよかった。
::色の付け方によって模様が変わるのがおもしろかった。
   
       
 読書力は出るもの出せるもの  包丁もこわくなくなりました。  熱いから気をつけて・・・  お料理完成!
       
 食事の後片付けも。  工芸:色の配置工夫を!  個性のある作品  完成で〜す。
   
 
  2016・オープンハウス開催しました。***9月30日(金)10月1日(土)***10:30〜14:30
  内容:50年余を 友の会員活動の起点として存在した、友の家を元気な姿に改修することができました。日頃お世話になって
いるご近所の皆様、生活講習会、講演会等に参加されているお客様、育児に多忙な若い世代から、年金生活の時間にゆとり
の世代の方々に友の会の生活活動を紹介、提案いたしました。 
ご参加くださったお客様170名(大人122名子供45名+赤ちゃん) 93才〜0歳児まで (^^♪
   
   
各研究部の製作品コーナー  U6コーナー(6歳以下の子供) 手作りの玩具・育児・食品目安・  鍋帽子の紹介と調理例
 
 お菓子のミニ講習
   
   
キッチンの油汚れの簡単な掃
除ミニ講習
 「種って不思議!!
 クイズトウモロコシから
ポップコーン!を作る。
93才元気に手早く、口の回転も速く( ^ω^)・・・  「絵本のよみきかせ」 
 お話と、たのしい歌のコー   ナー
       
玩具を作って遊ぼう!
ヒックリカエル!
パパっ子も慣れました。
 玩具を作って遊ぼう!
小さなボクが一生懸命です。
 ステンシルプリント製作中
 調理室で軽食準備中
 
 
  2015・夏休み子ども生活講習会開催しました。***7月29日(水)31日(金)***
  テーマは 「自分でできること、ひとつふやそう 」です。毎年好評なので今年は頑張って、2回開催することが出来ました。
  内容は、★読書「力は出るもの出せるもの「打てばひびく」
生活実習は、*調理実習 夏のチラシ寿司・かき玉汁・リボンにんじんサラダ・豆腐白玉のフルーツポンチ
洗濯実習*ハンカチの汚れと洗いのコツ*・靴下のよごれと洗い方のコツ (猛暑で、部屋の中でタライ洗濯で涼しく楽しく実習)
Tシャツのたたみ方実習も楽しそうで好評でした。
新聞紙で作るゴミ入れ作りも、兜のようにかぶって見たり、にんじんを皮むき器で引いてリボン状に切れて、新しい発見の講習会で一日が終了しました。
 
 
     
 説明・話合い  包丁の使い方もしっかりネ・・  すし飯をまぜる。  次々に出来上がってきます。
     
 ハンカチ洗いのコツをしっかり。  靴下は裏返してゴミをとって・・  新聞紙でゴミ入れ作り折り・・  じぶんでできることは・・・

    2014・夏休み子ども生活講習会開催しました。*****7月29日(火)*****
   このページの先頭に
 
猛暑の一日,松本友の会恒例の 夏休み子ども生活講習会を開催しました。
 
       
 さあ!おいしくつくろう
 「マッチ」で点火も大丈夫  みんなに同じにわけなくちゃ・・  できあがり!おいしそう〜
       
災害地のワカメのお話を聞く
 野菜を切ってスタンプにする  出来たハガキに言葉を添えて・ 完成! お友達と見せあいっこ
 
   
 
    2013・もてなし料理講習会***身近な食材でできるもてなしの献立***12月19/20日
  身近な食材で展開 の出来るもてなしの献立です。内容は盛りだくさんですが、手順と、下準備ができると時間がかからずに、見た目も美しく、美味しいおもてなし料理です。
 
献 立

◎おこわ寿司
◎蓮根のしんじょ椀
◎塩豚のきのこソース添え
◎生春巻き
 
前 菜

◎結びきすの南蛮漬け
◎長芋の小豆羹
◎蕪のはさみ漬け
◎レモンデリシャス
 
 料理完成しました。 たのしく 試食会です。
 講師から作り方の説明を聞いています。  調理実習が始まりました。 途中要点の説明を聞いて・・・  実習再開です。
 
    2013・夏休み子ども講習会 開催しました******7月30日(火)******
   子供が自立した生活の出来る一歩として、松本友の会恒例の夏休み子ども講習会を開催しました。市内、各地の1年生から5年生までの男女24名の小学生が1日しっかり活動しました。午後には、予期しない松本直下地震に見舞われ、子供たちが身を守る咄嗟の対応が出来た事に、日頃の学校の訓練が身についているのには感動でした。幸い事もなく予定通り楽しく講習会が出来ました。
 
 お漬物のキュウリを丁寧に切っています。 厚焼き卵を、焼きます。焦がさないよう真剣です おにぎり、お味噌汁手順よく進行しています。 さあ〜できました。皆さん整いましたか?頂きます 
読書 とらにつばさ
   【子供読本】から
調理実習:おにぎり・
みそ汁・卵やき・きゅうり
の漬物、
マイ布きんをつくる。
さらしの布でマイ布きんをつくります。 自分の好きな絵を書いて、好きな色の糸で・・・  チクチク縫って、マイ布きんの完成です。   \(^o^)/
参加した皆さんの感想から
料理でたまごやきを作ったことがなかったのでどきどきした。でもあとはできたのでよかった。ぬいものはあまりやったことがなかったのでがんばった。4年男子
調理実習であつやきたまごを焼くときに、ひっくり返すのがうまくできた。家でもちょうせんしたいです。班の人ともっと仲良くできたし、名前も憶えてとても楽しかった。5年女子
ふきんを作ってぬうのも楽しかったし、料理もとくにたまごやきもすこしむずかしかったけれど上手にできました。読書でやった、「とらにつばさ」のようにいい人になりたいと思いました。3年女子
フキン作り楽しかったです。はじめてやって、何回も糸がぬけてしまったけどおもしろかったです。今日初めておみそしるをつくったので次は家族に作ってあげたいです。4年女子
マイふきん作りの実習は、家で、食器を拭くお手伝いができればとの願いです。
おやつはスイカスイカが出来るまでを写真を使って説明しました。)
実習につかったわかめは、十三浜のわかめで、これを私たちが食事で頂くことも、震災地の復興の協力になる説明をしました。
地元の食材、地産地消にこだわった材料を使いました。


    2012・夏休み子ども生活講習会 テーマ「じぶんでできるよ!4」*7月31日(火)
 この子ども生活講習会は、暑い夏の友の会の恒例行事。「自分のことは自分で出来るようになって欲しい」というテーマで4回目になりました。小学1年生から6年生までの男女24名で協力の輪ができました。子供読本の中から「まかない種がいつ生える」を読書。生活勉強はサンドイッチ軍手でお掃除汚れた軍手の手洗い。をしました。



 
 実習の説明を聞く見る。
 包丁でまっすぐに切る。 手順を相談しながらそれぞれの役目を。  食パンをセットして準備 
 
使った器具は、きれいにして片づけながら・・・  サンドイッチが上手に切れていく。   見事なサンドイッチの盛り付け! 楽しく会食。作って食べるほうが美味しい!ってネ。ほんとだネ。 
作るのが難しかったけど楽しかった。 
軍手でお掃除ができるのよ!と説明を聞く・・・
 早速軍手で拭き掃除。窓のサッシをスルスル・・・軍手掃除は面白い。 階段の手すりもスルスルと、拭きながら下ります。 
ホラ!こんなに汚れがついたよ ! タライで洗濯しました。
 
お掃除いかがでしたか?  今日一日のことをまとめています。 
皆さんの感想から
他の学校の子と交流してサンドイッチを作った。最初はみんなとしゃべることもなかったけど今はすっかり友達になれてよかった。(小6)
サンドイッチの具のきゅうりをうすくきるのがむずかしかった(小4)
サンドイッチ作りがむずかしかったけどたのしかった(小6)
しょっきを洗いたいポテトサラダをつくりたい(小2)
軍手で掃除ができるなんてビックリしたしこんなにかんたんにできるなんてビックリした。(小3)
ぞうきんではむずかしい所をぐん手でできるんだなと思った。じぶんからそうじにとりくみたいな〜
 (小4)
ぐん手の掃除うちでもやってみたい(小1)
軍手掃除をしたのは初めてだったから家に帰ったらお母さんに話したい
ぜりーをまたおうちでも作りたい ぐん手でおうちをそうじしたいです(小3)
がんばることを書いたとき目標がたくさんでてきてたいへんかもしれないげど目標をがんばりたい(  小4)
 この外、まだたくさんの新鮮な驚きの感想がありました。


    2012・春休み子ども生活講習会 テーマ「自分でできるよ!3」*3月21日(水)
 今年は子ども生活講習会をはじめて春休みに開催しました。小学1年生から5年生の男女28名参加。
内容は、羽仁もと子著作集・子供読本の中から「朝起万円」を読書。生活勉強は調理実習クレープ作り。手縫いで雑巾作りをしました。

慎重に下準備中。
 
クレープ焼けたよ!

りっぱな!クレープ。
 読書の感想
 朝のお日さまといっしょにおきたり日が沈むとねることが大切だと思った。
    クレープの味がよく、ひとりで焼けたことがうれしかった。
 料理や縫い物が大好きなので、今まで来た講習会の中で一番楽しかった。
 雑巾ぬいが上手にできてよかった。家でももうすこしアレンジしてつくりたい。
 体験できたよろこびと、また来たいという期待いっぱいの感想が多かったです。

    2011・夏休み子ども講習会 開催しました。
このページの先頭に 
 夏休み子ども講習会は、昨年に引き続き「じぶんで できるよ!」のテーマで8月1日(月)に行いました。1年生から6年生まで、30人が一日楽しく学びました。
内容は、羽仁もと子著作集・子ども読本「やけのやんぱち」を読書。調理実習「お好み焼き」「わかめときゅうりの酢のもの」生活実習「お金の話」「こづかい帳のつけ方」「子ども友愛セール」です。
       
 読書「やけのやんぱち」  材料の下拵え  焦げない様に気をつけて  わかめと胡瓜の酢の物
       
 完成!頂きます。  後片づても丁寧に。  お金の使い方と記録  友愛セールわくわく。
  今日、買ったものを楽しみながら記帳します。おこずかいをきちんと管理する習慣が身についてお金の大切さ、物を大切にする気持ちが育ちます。


    2010・自由学園主催 自由学園子ども教室を 8月29日開催しました。
 
 〜漢字に親しむ〜「中国古代文字でスタンプを作ろう!」という勉強教室でした。
36名の小・中学生が参加しました。自由学園の国語担当 高橋教諭の授業は、テンポよく、ふだん無意識に使っている漢字の成り立ちには長い歴史の間に先人の工夫と面白さの発見ができるという、お話に引き付けられ、納得しました。
その古代中国の「甲骨文字」(こうこつもじ)「篆書文字」(てんしょもじ)が日本に伝えられ現代の暮らしの印章として繋がっている不思議を感じました。
早速子ども達は、古代文字で、自分だけのハンコつくりに挑戦です。
       
 今日の勉強の進行予定  スタッフ学生自己紹介  スタッフ学生自己紹介  先生の「漢字とは」・・・
豊富なお話に聞き入ります。
       
 作業の様子。字の形
を決めたり、かたどりしたり。
 作業の様子。周りの
切り取り。
 出来たハンコを黒板、
の模造紙に押し印します。
 みんなのハンコ押し完成!
       
 自由学園男子部の
紹介をする学生。
自由学園女子部の
紹介 をする学生。
 子ども達が授業をしている間、保護者の皆さんは矢野学園長から自由学園の様子を伺ったり、話合い。
完成後は全員集合して、麦茶と、学園のクッキーをいただき、勉強や、作業の楽しい報告でなど、最後まで熱気のこもった満足の2時間でした。
   
   皆さんの感想

 楽しかった。簡単だと思ったけど難しかった。おもしろかった。 2年女子

 難しかったけれど、出来あがってとてもよかった。  4年女子

 消しゴムでまた作ってみたい。 5年女子

 自由研究につなげられそう。  6年男子

 はがきとかにもハンコを押してみたい。漢字ってとても面白いと思った。  6年女子

 予想より上手にできた。甲骨文字とか篆書文字とか、どういう時に出来たのかよくわかった。中1女子



    2010・夏休みこども講習会 7月28日 8月4日 2回開催しました。
 
夏休みこども講習会、今年の テーマ「じぶんでできるよ!」と募集しましたら、たちまち定員オーバーの申し込みを頂き、急きょ2回実施いたしました。
その様子を少しご紹介しましょう。
高学年も低学年も、今日の講習が家に帰って一人でできるように、家族の一員として仕事するという意識を持つことが出来る。を目標にしました。基礎的で、シンプルなプログラムにしたこと、班の人数を減らし必ずひとりずつやってみること、にしました。

内容は、 羽仁もと子著作集 子ども読本「労するものにむくいあり」を読書。 ご飯炊き(おにぎり)、味噌汁つくり、旬の野菜で即席漬け、フルーツ白玉つくり、食器洗い。ハンカチ、靴下洗い、の実習などでした。
結果、小学生が一日、みんな真剣かつ、楽しそうにキラキラと目を輝かせて実習していました。
 読書 (子ども読本)
「労するものにむくいあり」
材料を正確に量りましょう。
混ぜる順序はいいかな?  「ワッ白玉ダンゴ浮いてきた」 「気を付けて掬ってネ。」
   
 味は、どおオ・・・  「こうしてネ〜」 
「あ〜上手くできるね!」
  おにぎりヨイショ!    こちらも、おにぎり中!
 
 できあがりッヽ(^o^)丿  お洗濯楽しい
きれいになるよ。
しっかり手のしアイロン。    良い手つき  お迎えの保護者の方とデザートを試食しながら一日の報告と話し合いを。 
 〜 感想文には、講習会の体験から今後に対する意欲や楽しかったことがたくさん綴られていました。 〜 
  
  『たのしかったよ』
ぜんぶたのしかったよ とてもとてもすっごくたのしかったよ おにぎりとフルーツもおいしかったよ またいきたいです 1年女子

ごはんを作ったり、せんたくをしたりして、テーマを大切にできたと思います。ごはんをたく所から、協力しあってできてよかったです。おみそしるは上手くつくれて、自分で作ったからものすごくおいしかった。大変なこともたくさんあったけど それをのりこえられてよかったです。 5年男子

  お迎えの保護者の方には、1時間早く集まっていただき、子ども達 手作りのデザートの試食、当日の様子をプロジェクターで紹介したり、会員で3人の子育て「一家総動員」体験中のお話をして、皆さんと、親と子のことなど語り合いが広がりました。各家庭に小さな種がまかれた事を実感できました。
           


    2010・「共働学舎の報告会」に参加しました。

4月10日(土)「共働学舎」の報告会が、小谷村多目的ホールで行われました。参加者は北海道から九州各地まで、200名くらいの方々が集まりました。盛会な報告会に一同感動の一日を過ごすことが出来ました。松本友の会員もバス等で31名が参加致しました。


壁面に展示された学舎や農作業の写真。
昭和49年共働学舎創立時の小谷村、立屋、真木の学舎の暮らし農業の様子が壁面に展示され、当時の暮しをしのぶ事ができた。 宮島真一郎先生にお話を伺う信(まこと)先生 信(まこと)先生の礼拝で始まり学舎がここまで歩んでこられたことの感謝の言葉を述べられた
スクリーンに映し出された作業の様子のお話 見事な織物作品 スクリーンには北海道・南沢・小谷各地の様子が紹介され、施設代表の方々が説明された。
農産物、加工品、作品などの販売コーナーも すばらしい報告会に参加し、先生の「人は誰かの為に働くために生まれた。」のお言葉を心に刻みました。〜松本友の会員参加者〜   白馬連山には雪が積もっていました。
       
この報告会で印象に残っているのは、小谷村を代表された総務課長が、宮島先生に感謝を述べられ、「皆様のおいでを歓迎いたします。」とのお言葉に、宮島先生はたいそう感激されて、「いつも村の皆様に、迷惑かけけていることも多々あると思います。

それを理解してもらえ、受け入れてもらえて本当にうれしい」と声を震わせて、大変感謝され、総務課長が先生の手をとり、握り合うという感動の場面もありました。

小谷村に暮らして35年。ご自身の残された時間もそう多くはないと(共働学舎通信にご自身で書かれています。)認識され、昨年、信(まこと)先生に譲りをなさった真一郎先生が、今ようやく村の方々の理解を得、温かく受けいれてもらえたこと、ご自分の半生をかけて尽くしてきたことの成果が実感できたことは何よりうれしかったのでしょう。熱い感動がこみ上げてきました。

この報告会に参加して、日頃の自分はどうでしょう?今日食べるもの、着る物に思いわずらう自分、家族の行く末を案ずる自分です。今日の感動を大切に忘れないようにしたいです。
このページの先頭に